ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
← コインチェック 取引量が多く売買がしやすい、おすすめの取引所です。

うねり取りとは?

細々と、うねり取りをやっています。

「うねり取り」は、林輝太郎氏の書籍で勉強して始めた株式投資法で、特定銘柄の値動きグラフを書き、それを元に安い時に仕込んで、高い時に売る、を繰り返す売買のことです。

全くの独学で、この3冊を読んでやっています。

  
  


その値動きを「うねり」と呼び、大体ですが、このうねりは3の倍数で推移すると考えられています。

おおよそですが、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月・・・の間で株価が下がったり上がったりするとして、それを手掛かりに波に乗っていくわけです。

書籍では、右も左も分からない女子大生が、林氏の手ほどきで最初から数万円の利益を手にする様子が書かれているんですが、この本が書かれたのは昭和の時代で、今のようなプログラミングの売買など無かった時代の話。

ですから今は昔のように、この3の倍数でうねりが推移するというのは、崩れているとも言われています。

それでも手書きでグラフを書いていると、何となく、この銘柄は上がりそうだなとか、もうすぐ下がりそうだというのが、分かってくるようになると言われています。

基本的にやる事は、たくさんの月足グラフを書くことと、目を付けた銘柄の毎日の終値を書くことのみ。

あとは、自分で頃合いを見計らって、これと思った銘柄を買い、値上がりを待つのみです。

私はこの方法を3年くらい、ゆるくやっています。

>>【先行特別価格】ビットコインFXで稼ぐ方法<<